八戸屋台村7つのコンセプト

  1. 新幹線八戸駅開業における、お客様へのおもてなしとしての目玉として。
  2. 中心商店街の活性化として。
  3. 日本初の環境対応型 屋台村として。エコステーションの設置。
    (全ての施設がエコロジー施設、バリアフリー型の設置、ゼロエミッションのモデルケース)
  4. 八戸の情報発信基地として。屋台村役場の設置。
    (観光地、イベント、飲食店等の紹介、視察のおもてなし)
  5. 若手起業家を育てる。
    (屋台村から卒業生を送り出す)
  6. 全国に誇る八戸のオーガニック食材の提供と、八戸の新名物料理・郷土料理を一堂に集め紹介をする。
    (八戸市にとって必要な屋台の構築)
  7. スローフード時代への幕開けの象徴として。
    (地産地消の徹底化。コミュニケーションの原点である3.3坪、1対8の法則導入。通りへのこだわり2.4m)

八戸屋台村みろく横丁インキュベータシステム

地域づくり街づくり事業として、順調に推移しておりますが、屋台村活性化には新陳代謝は欠かせないと思っております。
今後、より、地域づくりを推移する為、屋台村はさらに進化し続けなければならないと考えます。
 

屋台は商いの原点であり、最終目標ではありません。各店主にも屋台を起点にして、そこから各自の商売を発展させていってもらうこと。
その為に、契約期間は3年間を一区切りとしました。この3年間に顧客を獲得し、ノウハウを習得し、お客様の嗜好をつかみ、資金を貯める。3年で屋台を卒業し、市内の空き店舗に移って独立し商売を大きくしてもらうこと。ローリスク・ローコストで新規参入の出来る屋台は、商売をこれから始めたいという人たちのサクセスストーリーのスタートの場として、また、すでに商売をしている人にとっては実験店舗として使用が可能であり、私たちの起業家の支援という目的にも多様性が生まれると思います。
 
そこで、屋台村今後の運営として、以下、これを繰り返していきたいと思います。
まず、商売を本格的にやりたい人が屋台に出店して、ノウハウや顧客をつかみお金を貯める。
その間、じっくりと、本格的に店舗を開業する場所を吟味してから屋台から卒業する。
空いた屋台には、また新たに商売を始めたい人たちが入ってくる。
 

そして、屋台を卒業した店主たちが中心街の空き店舗に入居していけば「空き店舗対策」にもなり、ひいては中心商店街の活性化になると考えます。

スローフードとは?

  • ありとあらゆる多様な注文が可能であり、その注文に対応できること。
  • 会話が豊富であり、人と人との交流があること。
  • そこで働く人々の個性が輝いていること。
  • 定義 ― 食べ物の質と安全性と経済性に立脚した、人と人、人と自然の関係性を追及する運動。

昼はサラリーマンや主婦が集まるフードコートスタイルの屋台、夜には仕事の疲れを癒す人たちが集まる屋台街、時間帯による広場の展開を考えることにより、人々の流れを郊外から取り戻し、老若男女すべての市民に満足していただける広場を出店者の方々と共に創り出して行きたいと考えています。

2016年のコンセプト

私たちは毎日新鮮にお客様をお出迎えの為に屋台村の一員としてこのおもてなしを実践致します

充実食材と確実進化と誠実笑顔でお出迎え!!

2016年 八戸屋台村「感」(かん)宣言

今年のテーマは<感>(かん)です!!

皆様とともにみろく横丁は開業14周年の節目を迎えることができました。感慨深いものがあります。
この節目の年にわたくしたちは更に感性を磨きながら・・・  明日に向かって努力です!!

感動   出会いとその味覚に・・・
感激   新鮮な旬菜食材に・・・
感謝   御来店のお客様に・・・

みろく横丁は日々に流されることなく鈍感ではなく敏感に皆様の心に感銘を・・・  今日も初心です!

過去のコンセプト

2015年八戸屋台村『実』(じつ)宣言

八戸屋台村みろく横丁は開業以来
多くの皆様の笑顔に支えられて13年目を迎えました
名実ともに充実した食のテーマパークとしてお出迎えです!
今年のテーマは<実>(じつ)です!!!

私たちの<実>宣言
1.充実・・・オリジナル食材でメニューの充実です
2.確実・・・今日の反省を忘れず確実に進化です
3.誠実・・・いつも笑顔でのお出迎えは誠実です

2014年 八戸屋台村「究」(きゅう)宣言

八戸屋台村みろく横丁は開業12年目を迎えました
食の安全・安心を更に究めてお出迎えです
今年のテーマは<究>(きゅう)です

私たちの<究>宣言
1.究極・・・感動の味覚を究めます!
2.追究・・・美味食材を求め究めます!
3.探究・・・人との出会いを探し究めます!

私たちには全国各地の屋台村の進化系テーマ実践型の先駆け的屋台村の一人として責任と自覚を持って多くの皆様をお出迎えしおもてなしを致します

究極の食材と味覚でお出迎え!!

2013年 八戸屋台村「情」(じょう)宣言

屋台村は11年間進化と深化です! 
更に心と心が通ったおもてなしでお出迎えです

試される今年は<情>(じょう)の深化です

私たちの<情>宣言
1.愛情・・・いつまでも愛される様に
2.心情・・・心くばりを忘れない様に
3.旅情・・・もう一度来て頂ける様に

私たちには毎日・毎晩大切な出会いがあります
そして、みろく横丁では何処にも負けない人情で笑顔溢れるひと時を実現致します

毎日 愛情逸品で皆様をお出迎え!!

2012年 八戸屋台村「郷」(さと)宣言

今年は開業10周年です!忘れかけていた初心で皆様をお迎え致します 
その心は<郷>(さと)です!!

三つの<郷>宣言
1.人の郷・・・人々がむかいここに集まります
2.食の郷・・・山海の食材がここに集まります
3.心の郷・・・安らぎと笑顔がここに集まります

私たちには育ててくれた故郷が(ふるさと)があります
ここみろく横丁は人・食・心の故郷です
今年は三つの郷であの懐かしい時を思い出しながら皆様をお出迎え致します!

あの山・あの河そしてあの味でお出迎え!!!

2011年 八戸屋台村「膳」(ぜん)宣言

開業9年目の今年・・・
今年のおもてなしの心 その心は<膳>(ぜん)です!!

1.一日一膳  郷土の美味しい味覚を・・・
2.一人一膳  気軽に触れ合いを・・・
3.一店一膳  ゆっくりお寛ぎを・・・

古来 食膳を囲みながら語らいをしてきた食の文化をみろく横丁で体感して下さい。
今年も食を通じて皆様との触れ合いを心がけます。

今日の一膳は明日の一善に!!!

2010年 八戸屋台村「縁」(えにし)宣言

開業8年目の今年・・・
みろく横丁にはすべてのことが“縁”(えん)で結ばれていることを感じさせる“宴”(うたげ)があります!!!
そのことを忘れずに感謝しながら今年も皆様と共に・・・

三つの<縁>(えにし)で・・・
お客様各位との縁
美味な食材との縁
横丁の仲間との縁

2009年 八戸屋台村「趣」(おもむき)宣言

開業7年目の今年・・・
<趣>(おもむき)があり旨みがあります!!!
どこか違う温もり 何処か違う佇まい どこか違う味わいでみろく横丁は限りなく明日にむかいます。
三つの<趣>(おもむき)で皆様と・・・

1.趣旨(しゅし) (あの時の心を忘れずに皆様と・・・)
2.趣向(しゅこう)(あの時を更に向上させ皆様と・・・)
3.野趣(やしゅ) (あの時と違う味わいで皆様と・・・)

2008年 八戸屋台村「財」(たから)宣言

開業6年目の今年
<財>(たから)でおもてなしを・・・
あの忘れられない味覚を堪能できるみろく横丁はおもてなしのこころを忘れずに皆様とともに繁盛します。

三つの<財>で堪能して戴きます
1.食の財  (あの味覚に真心こめて)
2.人の財  (あのひとに又 逢える)
3.笑の財  (あの笑顔とあの笑い声)

2007年 八戸屋台村「素」(そ・す)宣言

開業5年目の今年
憧れと歓びに溢れたみろく横丁に更に素早い進化の連鎖をめざす屋台村には、三つの〝素〟(そ・す)があります。

1.素顔(すがお)!  そのままでおもてなし
2.素材(そざい)!  そのままが味覚の醍醐味
3.素質(そしつ)!  みんながもっと輝きます

2006年 八戸屋台村「鮮」(せん)宣言

開業4年目の今年
いつも出逢いと感動があり、人情いっぱいの屋台村には、三つの〝鮮〟があります。

1.新鮮(しんせん)!   いつも美味しさいっぱいで
2.旬鮮(しゅんせん)!  いつも季節の味覚に溢れ
3.笑鮮(しょうせん)!  さわやかな笑いにつつまれる

これが勢揃いしていることが八戸屋台村の〝鮮度〟です!

2005年 八戸屋台村「粋」宣言

開業3年目の今年
〝粋〟な食材と〝粋〟な人情で八戸屋台村は更に進化しつづけます。

1.人情屋台が〝粋〟です! (店主の熱き意気込みで)
2.美味探求が〝粋〟です! (お客様は活きな手料理に舌鼓)
3.横丁風情が〝粋〟です! (笑顔で往きかう屋台村)

粋(いき)    意気 ・ 活き ・ 往き に通じます
今年はスローなリズムで絆を強く更に一歩前進〝粋〟です
〝粋〟なおもてなし あえて言えば心粋です

2004年 八戸屋台村「絆」宣言

開業2年目の今年
私たちは更に進化します。
そのテーマは『絆』です。

1.人と人との〝絆〟を・・・(安心な食材の提供を通じて・・・)
2.店と店との〝絆〟を・・・(安心な価格を維持しながら・・・)
3.海と山との〝絆〟を・・・(自然環境を守りながら・・・)

この三つの絆をしっかり強固なものにしつつ、食文化を通じて地域社会との絆づくりを実施してゆきます。
そして安全な食材を日々生産していただいている皆様と御来店の皆様との太い「絆」は、屋台村の村民が努力し、研鑽しつくりあげます。